性病検査キットでHIV検査した体験談(STD研究所)

この記事には性病検査キットを使ったHIV検査の体験談(STD研究所)が掲載されています。>>STD研究所のおすすめポイントは?

 

性病検査キットの注文

STDの検査キットはスマホやパソコンからでも簡単に注文することができます。

注文するのに必要な情報は配達方法、支払方法、住所・氏名・メールだけなので5分もかかりません

 

ネットで注文が完了した際にはこのような画面が表示されます。

注文が終わるとすぐに注文確認メールが送られてくるので注文番号を控えておくことをお勧めします。何かあった時にコールセンターに相談しやすいからです。

 

性病検査キットの配達方法

宅急便だと送料が別に540円かかりますが、注文した次の日には届くので急いでいる方におすすめです。

私は宅急便を選択しましたが宅配業者は佐川急便でした。メール便を選ぶと宅急便より時間がかかりますが送料は無料になります。

 

性病検査キットの中身は?

宅急便で注文したので翌日の指定した時間には検査キットが届きました。

小さな段ボールにつつまれているため外からはなんなのかわかりません。ただ送り主にアルバコーポレーションと記載されています。

ダンボール箱を開けると検査キットはさらに黒いビニールで包まれ、外からは全くわからないよう包装されていました。

黒いビニール包みの中には検査キットや検査申込書などが入っています。

 

性病検査キットで血液を採取

STD研究所の検査キットの特徴はデザインが非常に洗礼されていることです。こんなにオシャレな検査キットはSTDだけではないでしょうか?

 

白いパッケージの中には検査キットと説明書が入っています。

今回注文したのは「HIV検査キット」なので血液からサンプルを採取します。血液採取に使用される器具はランセットと呼ばれる検査キットです。

このランセットの使い方は先端にあるピンクのキャップを外して指に押当てるだけです。力を入れて押し付けると一瞬だけ針が出てくる仕組みです。

注意していただきたいのは針が出るのは一回だけの使い切りになるということです。

針を自分で刺すのは想像していたよりもすごく緊張しました。

体感的には本当に一瞬だけチクっとする感じでしたが、ランセットを指に押し付けるまでが恐くてかなりためらってしまいました。自分で自分の指に針を刺す事に慣れていなかったのとランセットからどういう風に針が出てくるかわからなくて恐かったのが本音です。

そういったことを踏まえて、なるべく痛くないように血液採取がしたいなら、さくらの「痛くないHIV検査キット」を利用した方がいいかもしれません。

こちらはHIV検査だけにしか使用できませんが、痛くないことに特化しているのでなるべく痛くない方がいいという方にお勧めです

 

ランセットで指から血が出てきたら後は「ろ紙」に血液をしみ込ませる作業が必要です。この作業が意外と大変でした。

なぜならろ紙に血液を2センチ程度まで染み込ませるためにはある程度の血液が必要だからです。

何回かに分けて血液を染み込ませていった方がうまく行くと思います。血もドバッと出てくるわけではなく、ランセットを使用すると少しずつ出てくるので小分けした方が血もこぼれることはなくスムーズに作業が進むはずです。

採血前は指をぬるま湯につけるなどして血行を良くした状態で採血した方が血が出やすくなります。

ちなみに採血が終わった後は指にジンジンとした感覚がしばらく残りました。付属品として消毒液やバンソーコーも入っているのでサンプル採取後に使用して下さい。使った方が痛みは和らぐと思います。

血液サンプルを採取したら血が自然乾燥するのを待って折りたたみます。

 

採取した検体(血液)を検査会社に返送

返信用封筒には「検査申込書」「採取したサンプル」を同封する必要がるので注意して下さい。

 

郵便ポストにそのまま入れるだけでオーケーです!

 

性病サイトで検査結果を確認

返信用封筒が検査会社に到着するとSTDの検査結果ログイン画面に「ただいま検査中です」と表示されるようになります。※到着した日の21時から表示

ここで注意して欲しいのがGME以外の検査会社は土日祝日に検査を行っていないので、休日を挟むと検査結果が出る時間がその分だけ遅くなってしまうということです。

私が検査した時は金曜日にサンプルが検査会社に到着しましたが、土日を挟んでいるため結果が出たのは月曜日の夜でした。

検査結果を確認するには自分で設定した「ID」「パスワード」が必要になるので注意して下さい。検査申込書の2枚目写しが本人控えになっているのでそれを持っていれば問題ないはずです。

 

こちらの画面はスマホで検査結果を確認したものです。自分の「ID」「パスワード」「検査日」を入力すればどこでも検査結果を確認することが出来ます。スマホでもパソコンでもOKです!

 

性病検査を受けるにあたって

今回でHIV検査を受けるのは4回目となりました。正直言って何回受けても結果が出るまでの時間は恐いです。誰にでもHIV感染している可能性はあるからです。

誰でも自分だけは大丈夫だと思いがちですがそうではありません

性病検査で大切なのは他人事ではなく自分にも当てはめて考えることだと思います。もし感染していても薬を飲んで治療すれば死ぬことはありません。

性病に感染しているかもしれないのに直視することなく見て見ぬふりをする方が危険なのです

 

STD公式ホームページはこちら
STD公式ホームページはこちら

 

 

どの性病検査キットを選べばいいか迷ったら

更新日:

Copyright© 性病STDチェック , 2017 AllRights Reserved.