性病の不安や悩みを解消するサイトです

性病検査チェック

HIV

九州(福岡)でエイズ感染が爆発的に急増!増えている原因は何?

更新日:

九州でのエイズ感染が過去にない勢いで急増しています。

その原因としてあげられているのは「予防啓発の不十分さ」と「外国から持ち込まれている」です。

予防啓発に関しては福岡は地方を代表するような大きな都市ですし、その他地域に比べて遅れているとは思えません。

後ほど詳しく説明しますが予防啓発が不十分だからといってここ数年でここまで爆発的にHIV感染が広がるとは考えにくいのです。

>>エイズの症状をチェック

 

どれくらい九州でHIV感染が増えているのか?

全国各地の傾向としてはエイズ感染は横ばいか減少の傾向があるにも関わらず、九州で感染者が爆発的に増えています。

2016年の「HIV感染者」「エイズ患者の新規報告者」の合計数は、福岡が92人、熊本が19人、佐賀が9人といずれも過去最多を記録しています。

 

16年の地域別では九州が計169人で32%増。これに対し、関東・甲信越は695人で4%増と横ばい、近畿は265人で11%減など、5地域は前年より減少していた。

(引用元:西日本新聞)

 

九州の中でも福岡のHIV感染が他と比べものにならないほど爆発的に増えています。

九州のエイズ報告者数の推移に関しては下記のグラフがわかりやすいかと思います。

その中でも青い色で右肩上がりに急上昇しているのが福岡です。

 

実際のエイズ感染者はもっと多い

今回の数値はあくまでエイズに感染したとわかって、尚かつ報告した人だけだということを理解して下さい。

つまり、実際には「自分がエイズに感染していることにまだ気がついていない人」や自分で検査キットなどを利用して「感染していることに気づいているが、報告していない人」も含まれているということです。

 

 

なせ福岡でエイズ感染が広がっているのか?

ここまで福岡でエイズ感染が広がっているという事実を知って驚いた方も多いでしょう。

なぜ福岡だけここまで爆発的に増えているのか検証してみましょう。

 

アジアからHIVウイルスが持ち込まれている

梅毒が中国人による爆買いと呼ばれる現象があった頃から急増したのは記憶に新しいです。ちなみに現在も梅毒感染者は前年の記録を更新しながら増え続けています。

>>爆買いで梅毒が急増?

福岡はアジアとの中継地点という地理的な要因もあり、外国人の観光客が多いです。実際に福岡市街を歩けば中国人や韓国人の観光客を見ない日はないほどです。

地元の方はもちろん観光などで何度か訪れた方ならわかるでしょうが、ここ数年で本当に海外の観光客(アジア系)が増えました。

以前より福岡から韓国の釜山まで直行できる船も運行されていたこともあり韓国人の観光客は多かったですが、ここ数年は中国人の観光客が爆発的に増えています。

福岡市内のスターバックスに行くとほとんどの客が外国人なので初めて行った方は驚かれるかもしれません。

 

HIV検査を受けていない

今回の福岡のエイズ感染に関する報告で特徴的だったのが、エイズに発症してから気がついた人が多く存在したということです。

つまり、HIVウイルスに感染してからエイズを発症するまで気がつかなかったのでしょう。

今回の福岡のエイズ感染報告では特に40代や50歳以上が増加していることが特徴としてあげられていましたが、これは見方を変えればHIV感染したまま数十年も保有し続けて第三者に感染させてしまっている可能性が大いにあるということです。

現在はHIV感染しても薬でウイルスの増殖を防ぐことができるので定期的に性病検査を受けておくことをお勧めします。

もし感染していたとしてもエイズを発症するまでに治療することが本人にとっても他の人にとっても最善策だからです。

>>郵送検査でのHIV検査が急増中

 

性病に感染したらいつから検査できるのか?

性病には検査しても細菌やウイルスが発見できない期間があるので、検査可能日を調べてから検査を受けるよう注意してください。

 

HIVや梅毒などの検査をしようと思ってもできない期間があるのはこのウインドウ期によるものです。

>>性病の検査可能日

 

おすすめ性病検査キットはGME

性病検査キットの総合ランキング1位はGME医学検査研究所です。

 

性病検査キットの【値段】【スピード】【サービス】の総合面でGMEがおすすめです!どの項目においても優れているからです。

 

さらにアフターフォローも充実していて検査結果が陽性であった場合は全国に400以上もある提携病院を無料で紹介してもらえます。

>>GMEの性病検査キットをお勧めする3つのポイント

 

 

おすすめ性病検査キット    

1位:GME

スピード・価格・利便性でNO.1
365日検査しているので結果が早い!!

自社が登録衛生検査所になっているため検査精度と信頼性が非常に高いです。


提携病院数も圧倒的に多いので陽性でも検査結果証明書を持って行けば無駄な再検査をせずに治療できます。

 

2位:STD

検査キットの種類はNO1!
デザインが洗礼されていてオシャレ

検査キットの種類が豊富なので他社にはない検査も受ける事が可能です。

また自社で登録衛生検査所を所有しているのも大きなポイントです。公式ホームページSTD研究所では性病の情報が分かりやすく解説されています。

 

3位:さくら


郵送検査17年の歴史を持つ老舗!
長い歴史に裏付けられた抜群の信頼感!

市長の認可を受けた衛生検査所として登録されているだけでなく高精度の検査技術を持った業界大手です。

またさくらでは世界初の樹脂製ランセット(血液採取の器具)を使用した痛くないHIV検査が行われています。

できるだけ痛くない方法HIV検査したい方にお勧めです。

 

おすすめ記事Top5

1

性病の症状から性病名をセルフチェックすることができます。また性病名の一覧からそれぞれの症状を調べることも可能です。 性病には症状が出ても気がつきにくいものもあるので、少しでも気になることがあればチェッ ...

2

  最近のどに「違和感」を感じていませんか?   例えば「喉に痛みや腫れ違和感がある」「ずっと咳や痰が止まらない」「発熱」などの症状です。   特に風邪や扁桃腺炎と診断さ ...

3

この記事では男性のクラミジアの症状や感染経路などの情報を詳しくまとめています。   目次1 男性に多いクラミジア感染者2 クラミジアが怖い3つの理由2.1 クラミジアは感染力が高い2.2 ク ...

4

  目次1 性病専門サイトから性病の画像を集めました(種類別)2 HIV(AIDS)の症状画像2.1 エイズ症状の写真3 梅毒の症状画像3.1 梅毒写真(初期と第2期)3.2 男性の梅毒症状 ...

5

  目次1 性病検査にはタイミングがある2 性病検査はいつからできる?症状はいつから出る?3 エイズの検査可能日と症状が出るまでの潜伏期間4 梅毒の検査可能日と症状が出るまでの潜伏期間5 ク ...

-HIV
-

Copyright© 性病検査チェック , 2017 All Rights Reserved.