梅毒

大阪で梅毒の女性患者が激増!!2016年度は昨年を軽く上回るペース

更新日:

 

 

rocket-148214_960_720

大阪の梅毒感染者が激増

大阪府の梅毒報告数(速報値)によると平成28年1月から7月の梅毒感染者数は、7月末時点で317人(男性214人、女性103人)となっているそうです。

 

この数字は、昨年1年分の報告数322人(男性238人、女性84人)に迫っています。

 

つまり、現時点で今年はまだ残り5ヶ月あるにも関わらず、昨年の梅毒患者数を更新しようとしているわけです。

 

このペースで梅毒感染者が増えれば大阪府の梅毒感染者は昨年の記録を更新するのは間違いありません。

 

 

20代の女性に梅毒が流行している

女性梅毒感染者の割合としては20代女性の梅毒感染者が圧倒的に多いです。ここ数年で爆発的に増えています。

 

大阪の女性梅毒感染者数は7月末時点で(103人)昨年1年分の女性梅毒感染者数(84人)をすでに越えています。

このデーターからも梅毒の感染ペースが上がっている事が分かります。

 

中国人の爆買いに伴う日本での風俗遊びが女性の梅毒感染者増加の要因になっていると思われます。

 

その理由として中国には日本と比べものにならないくらい多くの梅毒感染者がいるからです。

 

さらに詳しく知りたいという方は中国人の風俗嬢「爆買い」をご覧下さい。

 

また梅毒は従来から男性感染者の方が多い性病でしたが、近年は若い女性の梅毒感染者が増えています。これは中国人が訪日した際に風俗で梅毒感染させていると推測されます。

 

 

梅毒の感染経路

梅毒は梅毒トレポネーマという細菌が、性行為などによる粘膜接触や小さな傷口から侵入して感染します。

 

非常に感染力が強く梅毒感染者とゴム無しセックスをした場合は3人に1人は感染すると言われています。

 

 

早期治療が大切

梅毒は昔は不治の病でしたが、現在は症状が深刻化する前に早期発見して治療すれば治せる病気です。

 

保健所によってはエイズ検査と一緒に検査をする事によって梅毒も無料で検査できるそうです(匿名可)。ただし、エイズ検査と同時検査しない場合は匿名では受けれません。

 

梅毒の初期症状である湿疹が出てもしばらくすると消えてしまうため、治ったと勘違いして重症化させてしまうケースが後を絶ちません。

 

妊娠時の検査などで梅毒が発見される場合も多いですが、母子感染してしまう可能性が高いです。

 

 

「少しでも不安だと思ったら必ず検査して下さい」

 

 

梅毒の検査費用がどれくらいかかるのか知りたい方は「料金比較表」をご覧下さい。

 

 

おすすめ記事

1

性病検査に関する情報をまとめています。これらの記事を読めば性病検査に関する情報を一通り知ることが出来るので参考にしてみて下さい。   目次1 性病検査に関する記事2 どの性病検査キットを選べ ...

2

  この記事では性病に感染した際に身体にあらわれる症状から性病をセルフチェックできるようまとめています。 チェック表は「男性」「女性」「男女共通」という順番で掲載しています。   ...

3

  この記事では咽頭クラミジア・淋病の症状>感染経路>潜伏期間>検査方法>検査料金という順番でまとめています。       最近のどに「違和感」を感じていません ...

4

  目次1 性病感染後の検査可能日2 エイズの検査可能日と発症までの期間3 梅毒の検査可能日と発症までの期間4 クラミジアの検査可能日と発症までの期間5 淋病の検査可能日と発症までの期間6 ...

-梅毒
-

Copyright© 性病STDチェック , 2017 AllRights Reserved.