性病の不安や悩みを解消するサイトです

性病検査チェック

HIV

12月1日は世界エイズデー

更新日:

世界エイズデーとは

世界エイズデーは1988年にWHO(世界保険機関)によって定められた国際記念日です。毎年12月1日が世界エイズデーとされています。

世界規模でエイズ患者への差別や偏見をなくすと共にエイズの拡散を防止することを目的としています。

>>エイズの感染経路と初期症状

 

なぜ世界エイズデーは12月1日なのか?

世界エイズデーがなぜ毎年12月1日なのか気になりますよね。

アメリカ大統領選挙とクリスマス休暇にかぶらず、欧米メディアに取り上げてもらいやすい日程が選ばれたそうです。

ちょうど世界エイズデーが始まった年である1988年にはアメリカ合衆国の大統領選挙(11月8日)が行われて共和党のジョージブッシュ氏が当選しています。

この大統領選挙の時期を避けつつ12月末からのクリスマス休暇とかぶらないようにするためには12月初めにするのが理想的なスケジュールだったのでしょう。

日本の各自治体では世界エイズデーを中心に定めたエイズ予防週間でHIVに関する啓蒙活動が行われています。

 

世界エイズデーのシンボルは「レッドリボン」

“レッドリボン(赤いリボン)”は、古くからヨーロッパに伝承される風習のひとつで、もともと病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。

この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1990年ごろのことです。

このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティストたちにもエイズがひろがり、エイズで死亡する人々が増えていきました。

そうした仲間たちに対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。

レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズと共に生きる人々を差別しないというメッセージです。

(引用元:エイズ予防財団

 

毎年、世界エイズデーが近づくと世界中でエイズに関するさまざまなイベントが開催されるようになります。

イベントでもTシャツなどにこのレッドリボンマークが使用されているので分かりやすいです。

 

世界エイズデー2017年のキャンペーンテーマ

「UPDATE!エイズのイメージを変えよう」

平成29年度(2017年)の世界エイズデーキャンペーンテーマーは「UPDATE!エイズのイメージを変えよう」です。

 

2017年エイズキャンペーンテーマの趣旨

現在は昔と違いHIV感染者もふつうの日常生活がおくれるようになりました。治療をすれば死ぬこともありません。

また治療を続ければ体内のHIVウイルス量が低下して他の人へ感染しにくくなることがわかっています。

しかし、こうした情報が世間に正確に伝わらずエイズ=危ないというイメージから差別や偏見がいまだに根強く残っています。

そのため2017年の世界エイズデーテーマでは情報を更新して、世間のエイズイメージを現実に近づけようという意味から「UPDATE!エイズのイメージを変えよう」が採用されています。

 

過去の世界エイズデーキャンペーンテーマ

1988年(昭和63年)に世界エイズデーが初めて定められてから現在にいたるまでのキャンペーンテーマをまとめています。

 

採用年 世界エイズデーキャンペーンテーマ
平成28年
(2016年)
知っていても、 分かっていても AIDS IS NOT OVER
平成27年
(2015年)
AIDS IS NOT OVER だから、ここから
平成26年
(2014年)
AIDS IS NOT OVER ~まだ終わっていない~
平成25年
(2013年)
恋愛の数だけHIVを語ろう
平成24年
(2012年)
“AIDS” GOES ON... ~ エイズは続いている ~
平成23年
(2011年)
エイズとわたし ~支えることと 防ぐこと~
平成22年
(2010年)
続けよう ~Keep the promise, Keep your life~
平成21年
(2009年)
Living Together ~いま、何をすれば良いのか聴かせて?~
平成20年
(2008年)
Living Together ~ちょっとの愛からはじまる事~
平成19年
(2007年)
Living Together ~大切な人を守るために~
平成18年
(2006年)
Living Together ~私に今できること~
平成17年
(2005年)
エイズ…あなたは「関係ない」と思っていませんか?
平成16年
(2004年)
HIV”と“エイズ”の違い、知っていますか?
平成15年
(2003年)
「エイズ」 知ろう、話そう、予防しよう
平成14年
(2002年)
「エイズ」目をそらさないで考えてみよう!
平成13年
(2001年)
I care... Do you?
平成12年
(2000年)
エイズを知って あなたが変わる わたしも変わる
平成11年
(1999年)
若い命のためにも、聞いて学んで、エイズのことを
平成10年
(1998年)
時代が変わる、君が変える ~大切な人と生きるために~
平成9年
(1997年)
子どもたちの未来のために!今、エイズを考えよう
平成8年
(1996年)
エイズの時代をともに生きる ~希望に向かって、国境を越えて~
平成7年
(1995年)
エイズに取り組む ~ひとりひとりの権利と責任
平成6年
(1994年)
エイズに取り組もう!~家族みんなで~
平成5年
(1993年)
エイズ~今、行動のとき!
平成4年
(1992年)
地域・学校・職場でも エイズ予防に取り組もう
平成3年
(1991年)
みんなでエイズに取り組もう!~エイズにチャレンジ~
平成2年
(1990年)
女性とエイズ
平成1年
(1989年)
エイズと若者
昭和63年
(1988年)
愛している人にうつしてはいけない

 

 

世界エイズデーのポスターコンクール

厚生労働省やエイズ予防財団では毎年世界エイズデー(12月1日)のポスターを募集しています。※締め切りは9月初め

募集対象は小学生、中学生、高校生、一般と部門が分かれているので応募すれば採用されるかもしれません。入賞すれば賞状と記念品が贈られます。

またポスターやチラシにも表彰作品として掲載される可能性が高いので入賞すれば大きな自信につながるでしょう。

もし今年のポスター応募締め切り(9月初め)に間に合わなかったとしても毎年開催されているので来年に向けて応募してみてはどうでしょうか?

プロのデザイナーの方も加わって審査が行われ、入賞すれば学校名や氏名も掲載されるのでいい記念になりそうですね。

>>平成28年度世界エイズデーポスターコンクール審査結果

 

世界エイズデーのイベント

厚生労働省は12月の世界エイズデーに向けて毎年普及イベントを行っています。

例えばAV女優や男優をゲストに招いてのライブやトークショーがあります。他にも街頭でのコンドームと啓発チラシの配布などです。

過去の例では2016年に赤坂で開催された「RED RIBBON LIVE 2016」でAV女優の蒼井そらさんとAV男優の加藤鷹さんが参加されています。業界でもトップクラスの豪華メンバーです。

参加は無料ですが抽選による招待制となっています。早めに情報をつかんで応募した方がいいですね。

>>レッドリボンライブ公式サイト

 

 

世界エイズデーの性病検査キャンペーン

性病検査キット会社のさくらでは2017年12月1日の世界エイズデーに伴って、HIV検査キットの割引キャンペーン(11月28日〜12月7日21時まで)を行っています。

 

<HIV検査キット>
通常2,700円 → 2,430円

<痛くないHIV検査キット>
通常2,910円 → 2,620円

 

性病検査キットでHIV検査する際はランセットとよばれるものを使って自分で自宅で血液を採取するのですが、初めての時は針をさす時にこわいかもしれません。私が初めてランセットを使かった時は正直に言ってこわかったです。

ですので出来るだけ痛くないHIV検査キットを使用した方がいいと思います。痛くないHIV検査キットを販売しているのはさくら検査研究所だけです。世界初の樹脂製ランセットを使用しています。

>>痛くないHIV検査キット

 

 

おすすめ性病検査キット    

1位:GME

スピード・価格・利便性でNO.1
365日検査しているので結果が早い!!

自社が登録衛生検査所になっているため検査精度と信頼性が非常に高いです。


提携病院数も圧倒的に多いので陽性でも検査結果証明書を持って行けば無駄な再検査をせずに治療できます。

 

2位:STD

検査キットの種類はNO1!
デザインが洗礼されていてオシャレ

検査キットの種類が豊富なので他社にはない検査も受ける事が可能です。

また自社で登録衛生検査所を所有しているのも大きなポイントです。公式ホームページSTD研究所では性病の情報が分かりやすく解説されています。

 

3位:さくら


郵送検査17年の歴史を持つ老舗!
長い歴史に裏付けられた抜群の信頼感!

市長の認可を受けた衛生検査所として登録されているだけでなく高精度の検査技術を持った業界大手です。

またさくらでは世界初の樹脂製ランセット(血液採取の器具)を使用した痛くないHIV検査が行われています。

できるだけ痛くない方法HIV検査したい方にお勧めです。

 

おすすめ記事Top5

1

性病の症状から性病名をセルフチェックすることができます。また性病名の一覧からそれぞれの症状を調べることも可能です。 性病には症状が出ても気がつきにくいものもあるので、少しでも気になることがあればチェッ ...

2

  最近のどに「違和感」を感じていませんか?   例えば「喉に痛みや腫れ違和感がある」「ずっと咳や痰が止まらない」「発熱」などの症状です。   特に風邪や扁桃腺炎と診断さ ...

3

この記事では男性のクラミジアの症状や感染経路などの情報を詳しくまとめています。   目次1 男性に多いクラミジア感染者2 クラミジアが怖い3つの理由2.1 クラミジアは感染力が高い2.2 ク ...

4

  目次1 性病専門サイトから性病の画像を集めました(種類別)2 HIV(AIDS)の症状画像2.1 エイズ症状の写真3 梅毒の症状画像3.1 梅毒写真(初期と第2期)3.2 男性の梅毒症状 ...

5

  目次1 性病検査にはタイミングがある2 性病検査はいつからできる?症状はいつから出る?3 エイズの検査可能日と症状が出るまでの潜伏期間4 梅毒の検査可能日と症状が出るまでの潜伏期間5 ク ...

-HIV
-

Copyright© 性病検査チェック , 2017 All Rights Reserved.